yyzz2;虫画像 虫よもやま蛾の学名シャチホコガ科index

シャチホコガ科
Clostera属

(くろーすてーら)

【命名】 Samouelle, 1819

【タイプ種】 Clostera curtula

【意味】[希]klôstêr 紡錘(つむ)。

 Emmetは「腹部の姿から」(ESN,p.188)と解釈している。腹部のみに限定せずとも,上から見たときに翅頂の赤い部分は隠れていて全体として紡錘形に見える。

ニセツマアカシャチホコ Clostera albosigma

【和名】 ニセツマアカシャチホコ
【学名】 Clostera albosigma

(くろーすてーら あるぼしぐま) 

【命名】 Fitch, 1856

【意味】[羅]albos 白い;[羅]sigma ギリシア文字Σ。アルファベットのSである。

 前翅の白線の形状から。「白いS」。

 日本の亜種は,C. a. curtuloides Erschoff。「curtula種(Clostera curtula)に似たもの(-oides)」。“curtula”は,[希]kurtos(盛り上がっている)から。命名者リンネが幼虫を「小塔を備える」と記述していることをEmmetは指摘し,他の解釈を排している(ENS,p.189)。

ツマアカシャチホコ Clostera anachoreta

【和名】 ツマアカシャチホコ
【学名】 Clostera anachoreta

(くろーすてーら あなくろーれーた)

【命名】 ([Denis & Schiffermüller], 1775)

【意味】[羅]anachoreta 隠者・修道士。

 幼虫が葉を綴って庵を作ることからという(Emmet;ESN,p.189)。

セグロシャチホコ Clostera anastomosis

【和名】 セグロシャチホコ
【学名】 Clostera anastomosis

(くろーすてーら あなすともーしす)

【命名】 (Linnaeus, 1758)

【意味】[希]anastomôsis 出口・開口部。

 前翅の横線が平行ではなく,前縁に向かって少し開いていることから(Linnaeus;SN10,P.506)。拙ブログ「09-06-12記事:anastomosisのこと。」参照。

 図版はHumphreys & Westwood, 1843-45, British moths and their transformations., pl. 13, fig. 5 から。

090811

←前 Cerura属 Cnethodonta属 次→